男の人

学習能力の高い害獣たち|イタチ駆除は専門業者へ

家に潜む虫の駆除

トコジラミ

誰でも使える薬剤での駆除

南京虫はトコジラミとも呼ばれ、シラミやダニのような姿をしていますが、昆虫に分類されています。南京虫は蚊と同じように人間の血を吸血し、咬んだ時に注入する液は、強いかゆみの元になるのです。南京虫駆除で行われるのが、薬剤散布・熱処理・粘着材を使用する方法で、多くの成虫を駆除するには薬剤散布が最も効果的です。家具の隙間やカーテンの裏などには、簡単で直接噴霧できるエアゾール系のスプレーが効きます。また、南京虫はありとあらゆる隙間に入り込む習性があるので、潜んでいそうな場所だけでなく、通り道になりそうな場所へもしっかりと噴霧しておきます。畳の場合は煙を充満させるタイプの薬剤を使用しますが、もし裏側にもいるようでしたら、畳の下に粉剤を撒いても良いでしょう。薬剤は一般的なホームセンターで売っているものでも十分に効果があるので、誰でも手軽に購入して南京虫駆除ができるのです。

生態と特徴

南京虫駆除を効果的に行うには、南京虫の生態や特徴を把握するのが重要で、このことは駆除だけでなく予防や侵入防止にも繋がるのです。南京虫は日本で発生する確率は低く、ほとんどが海外からの旅行客によって持ち込まれて繁殖し棲みつきます。一般的な薬剤を効果的に使用すれば、ほとんどの南京虫は簡単に駆除することができます。しかし、南京虫の中には、スーパートコジラミと呼ばれる薬剤に耐性を持った種類がどんどん増えているようです。もし自分で駆除しきれない場合は、南京虫駆除を専門に行っている業者に頼むのが良いでしょう。また、南京虫の足には、他の昆虫のように吸盤状の部分が無く、ツルツルした所は登れないという特徴があります。なので、ベッドの足にビニールテープを巻きつけておけば、南京虫が寝床へ侵入するのを防げるのです。